TOP > メダカの飼い方 > はじめてメダカを飼う方へ

メダカの飼い方はじめてメダカを飼う方へ

メダカは元々丈夫な魚ですので、水が漏れない容器と、水。それと、メダカの隠れ場所になるような物(流木や水草など)と、エサ。があればメダカを飼うことができます。屋内でも屋外でも飼育は可能ですが、ここでは水槽を使って屋内で飼育する方法をご説明します。

一般にメダカの寿命は1~2年と言われていますが、人工的な飼育下では長いものでは、4~5年生きる個体もあるようです。

メダカの環境

飼育容器の大きさの目安

飼育容器は、メダカのおうちとなる水槽です。飼育匹数により大きさを決めてください。
1匹/1リットルを目安に水槽を選びましょう。数匹なら金魚・メダカ鉢で飼育できます。

飼育容器の大きさの目安飼育容器の大きさの目安

水槽のレイアウト

基本的にメダカは田んぼや小川に住んでいる魚ですので、泥底を本来は好みますが泥にかぎらず砂や砂利などでも問題はありません。ただ、メダカはおどろいた時などに川床に潜り込む習慣がありますので、細かいものを選んだほうがメダカのためにはいいのかもしれません。市販されている赤玉土や大磯砂、川砂などでも可能ですが、空き地や河原から取ってきた場合は、枯れ草などのゴミが混ざっていますのでよく洗った後、底に約1 センチほどの厚さで入れます。

メダカの天然ろ過ソイル→メダカの天然ろ過ソイル

水草は酸素の補給と卵を産みつける場所、それから水槽内の余分な栄養分(汚れ)の分解者としてバクテリアが棲む場所でもありますのでできれば水草がある方がメダカにとっていい環境だといえるでしょう。→メダカの水草について

メダカ水景シリーズ→メダカ水景シリーズ

水流について

メダカが本来好んですむ場所は、小川や池、田んぼなどの水流のあまりないところなので、メダカの泳ぐスピードは決して速くありません。また瞬間的には素早い動きをすることがあっても、長時間その動きを継続することはありません。
このことからメダカが生活するための第一の条件としては、水流が弱いことがあげられます。水槽でメダカを飼う場合にも大きなフィルターやエアレーションなどによって水流が強くなりすぎると、メダカには過大なストレスがかかることになるので注意が必要です。

メダカの水

水質

メダカを上手に育てるコツは水質管理です。
水が良ければ病気になりにくく大きく育ってくれます。
メダカは弱酸性から弱アルカリ性くらいの水を好みます。水をアルカリ性に変えてしまう砂(サンゴ砂等)もあるので注意しましょう。水道の水はほぼ中性なので使えます。ただし消毒の為の塩素がメダカにとって猛毒なのでこれだけは取り除きます(カルキ抜き)
塩素の中和にはショップ等で販売している「塩素中和剤(カルキ抜き)」を使用するか、もしくはバケツに水を汲んで外に出し2~3日おくなどすればほとんど塩素は抜けます。

メダカ元気 はぐくむ水づくり»メダカ元気 はぐくむ水づくり

バクテリアの繁殖

しかし、塩素が抜けたからといってメダカにとって良い水かといえばそうではありません。この状態は「新水」といい、メダカにとって大切なバクテリアやプランクトンがほとんどいません。一週間くらい経つと水がなれてきて「古水」になります。この状態になるまではエサを控えて水が汚れないようにしましょう。
もしすぐに「いい水」にしたいのなら市販のバクテリア繁殖促進剤を入れるといいでしょう。

水の量

メダカの数によって最低限必要な水の量が決まってきます。
目安として、最低メダカ1匹に対して水1リットル、理想としてメダカ1匹に対して水2~3リットルです。
エアレーションなどをすることによってこれ以上でも飼うこともできますが、なわばりを持ったりした時にあまりメダカが多いとストレスになる場合があります。

水温

メダカが最も活発に活動する水温は23℃です。この水温範囲に飼育水が保たれていれば、エサ食いも良く、成長も早いものです。メダカを早く大きくしたいときには、水温を高めに設定します。しかしあまり水温が高すぎると、食欲が落ちてきます。(水温が高すぎる)真夏に繁殖行動が鈍ってくるのはそのためといえます。メダカにとって、一日の水温変化の幅が大きいとストレスになりますので、最低温度を一定に保つようなヒーターの使用は病気の発生を防ぐ意味でかなりの効果があります。
また、水温が低くなるとメダカは冬眠します。

エサについて

メダカのエサは、粒状、パウダー状などがあります。
メダカの成長に合わせて1日2回(朝と夕方)くらいで食べきれる量を与えましょう。→メダカのエサについて

エサについて