小動物情報トップ > うさぎの飼い方 > うさぎを迎える準備:準備するものと用品の選び方

Rabbit LifeRabbit Life

うさぎを迎える準備

preparation

準備するものと用品の選び方

牧草(チモシー)、ペレットフード、副食の選び方

牧草(チモシー)、ペレットフード、副食の選び方

うさぎと生活する時に用意するもので一番大切なものは、うさぎの食べ物です。その是非についてはいろいろな考えがありますが、まずは今食べているものが大切です。うさぎのお腹は、草のような栄養価の低いものでもエネルギーに変えることのできる特別なシステムを持っています。これは、お腹の中の腸内細菌の働きによるものです。急な食べ物の変更は、時には重大な体調不良にもつながるからです。

牧草(チモシー)、ペレットフード、副食の選び方

ケージの選び方

うさぎの大きさ、性格などに合わせることも大切ですが、あなたの生活スタイルに合わせることもとても重要です。掃除がしやすいこと、衛生状態を保てることは外せない条件です。
あなたが扱いやすいケージは、うさぎにも優しくなるのです。しかし、当然ケージにも外すことのできない条件があります。

うさぎの出入り口は大きく、うさぎ自身の出入りができること。
うさぎの出入り口は大きく、うさぎ自身の出入りができること。
必要に応じて天井部分が開くこと。
必要に応じて天井部分が開くこと。
床が衛生的に保てるような構造、細かな網等おしっこで不衛生にならないこと。
床が衛生的に保てるような構造、細かな網等おしっこで不衛生にならないこと。
引出しのトレイが洗いやすいこと。
引出しのトレイが洗いやすいこと。

また、ケージの広さは市販されているものであれば、おおかた問題はないかと思いますが、うさぎの大人になった時の大きさも視野にいれて選ぶと末長く使用できるかもしれません。

食器給水器の選び方

食器給水器の選び方

ケージと同様に衛生的な環境を保つことが大切です。
それには、ケージから外しやすいこと、洗いやすいことです。
また、うさぎにとって食べやすい、飲みやすいこともとても大切です。水をたくさん必要とするうさぎにとって、給水器が使いにくいと水分不足の事態にもなりかねません。必ず水が出やすいかを確認するようにしましょう。
また、食器は、ウンチやオシッコなどが入らない大きさと高さ、フードの残りくずが簡単に掃除できることも必要です。とても大切なことですので、おろそかにせずしっかりと選んであげてください。

食器給水器の選び方

トイレの選び方

トイレの選び方

うさぎはトイレを使う動物です。一定の場所でウンチやオシッコをします。
ケージの中の衛生状態を左右するとても大切な器具ですので、使いやすいさは絶対です。
うさぎは、白濁したオシッコが正常な状態ですが、この中にカルシウムが多く含まれています。定期的に水洗い、拭き洗いをしないとカルシウムが結晶化してしまい、アンモニア等が腐敗する原因になります。
また、尿がトイレの中にしっかり入るようにうさぎの大きさに合わせたトイレの選び方も重要です。
四角タイプ、三角タイプをケージの中に配置した時の様子を確認してみるといい選び方ができるはずです。
また、網スノコとトイレの高さも小さなうさぎや高齢のうさぎにとっては重要となる時があります。

トイレの選び方

トイレ砂やトイレシーツの選び方

トイレ砂やトイレシーツの選び方

毎日の世話とうさぎの生活環境を衛生的にする為には、トイレ砂やトイレシーツもおろそかにする事ができません。
おしっこに含まれるアンモニアは、時間が経つと腐敗し雑菌が増えてきます。これをそのまま放置すると悪臭も強くなってきます。
トイレ砂は、もともと抗菌効果のある針葉樹等を圧縮させて、おしっこを吸収する事とおしっこの中のアンモニアを腐敗させない事で衛生的な環境を保ちます。
トイレシーツは、パルフとともに水分を保つ能力を持つポリマーで、トイレ砂と同様の効果を見せます。
どちらも製品によって大きく性能が違います。
どんな頻度でお掃除するのかを決めて、それに合わせたトイレ砂やトイレシーツを選ぶといいでしょう。

トイレ砂やトイレシーツの選び方

消臭剤やお掃除剤の選び方

消臭剤やお掃除剤の選び方

うさぎには、基本的に体臭がありません。これは、うさぎが外敵から身を隠す為かもしれません。ですので、消臭剤やお掃除剤はうさぎの体臭を消す物というよりも、ケージやトイレをお掃除しきれなかったウンチやオシッコの悪臭を断つ事が主な目的となります。
うさぎの為というよりも、あなたの為に使うと考えて下さい。
また、うさぎにとって臭いはいろいろなものを識別する大切な情報です。ですから、ウンチやオシッコの臭いを消す為に香りの強い消臭剤等を利用するとうさぎに消臭剤の臭いを刷り込んでしまい、しつけに悪影響を及ぼす事もあります。ですので、基本的には無香か微香を選ぶのがオススメです。
また、お掃除剤としては、うさぎに害が起きないように、基本的に洗い流すことが原則です。中には洗い落とさなくてもいいものもあり、安全なお掃除剤で拭き取るだけという方法もあります。
何れにしても定期的にしっかりと洗ってあげる事で、うさぎとあなたの生活環境が良くなるはずです。

消臭剤やお掃除剤の選び方

マットやハウスの選び方

マットやハウスの選び方

うさぎが望む生活環境は、あなたが思うより豊かです。
寝る場所(寝室)、くつろぐ場所(リビング)、食事する場所(食堂)等を使い分けます。
うさぎとの生活に余裕がでてきたら、是非うさぎのケージやお部屋の環境を整えてあげましょう。そして、もし可能ならうさぎが少し隠れる事ができるハウスなどを入れてあげるとうさぎ本来の生活スタイルが整います。
但し、完全に隠れる場所を作ってしまうとうさぎとの距離が離れる事があります。少し隠れる程度がいいかと思います。

マットやハウスの選び方

グルーミング用品の選び方

グルーミング用品の選び方

うさぎの毛は、基本的に2種類の毛で構成されています。
皮膚近くに生えて皮膚を守るように生えている毛(アンダーコート)と外から来る汚れ等を寄せ付けないようにする色の濃い固い毛(ガードヘア)です。
これらの毛は、季節毎に生え替わります。そして、2種類の毛は微妙に生え替わる時期が異なります。
うさぎの品種によって毛のタイプも違いますので、うさぎに合わせたグルーミング用品を専門店の方に相談して下さい。
基本的にはアンダーコートには、スリッカーブラシ、ガードヘアにはラバーブラシが向いています。
グルーミングを専門店に行ってもらう場合にも、お家でスキンシップしながら、この2種類のブラシが使えるようになれるといいですね。

グルーミング用品の選び方

キャリーの選び方

キャリーの選び方

うさぎを自分の行動範囲外に連れて行くとストレスを感じる事があります。むしろ多くのうさぎは、外出が嫌いです。しかし、必要に応じて外出させなければならない事があります。
外出を必要最低限に控えるという方法もありますが、うさぎは環境に順応する力も持っています。できれば、ちょっとした外出にも驚かないうさぎに教育してあげることが大切かもしれません。
ですから、うさぎのキャリーは、ある程度快適に過ごせる機能があるのがオススメです。中で脚を伸ばせる、床が滑らない、おしっこをしても体が汚れない、そして、あなたが持ちやすい、これらを満たす事ができればベターです。
さらに欲を言えば、うさぎの出入りが簡単にできるように、側面が開閉(しつけをすればうさぎが出入りする)できる扉があるともういう事がありません。

キャリーの選び方

冷暖房用品の選び方

冷暖房用品の選び方

元来うさぎは、外気の温度変化に関らず、土の中の快適な環境で過ごしてきました。ですので、外気の急激な変化は体調を崩す原因になります。
とは言いましても、うさぎの適応能力は意外と高いので、あまり神経質に考える必要はありません。
基本的には、夏には通風を確保し、直射日光等の当たらない場所で過ごせるようにします。
うさぎの体が冷えすぎないように25〜27℃程度のエアコンとアルミや石を使用した体の熱を逃がすような夏用品が一般的です。
冬は、すきま風等冷たい外気からうさぎのケージを守るようなケージカバーを使い、必要に応じてヒーター等を使うのがいいでしょう。
ヒーターは、うさぎを部分的にしか暖めない物もあり、使い方に合ったものを選びましょう。

冷暖房用品の選び方