TOP > こんな時どうするの?

こんな時どうするの?

普段ペットとは行けない所に行けたり、力も必要ないからとっても便利なわんわんカート&猫専用カート。
でも、使い方によっては危険を伴ったり、他の人の迷惑になったりすることも…
そこで、「こんな時はどうしたらいいの?」と皆さんが思うようなシーンをピックアップして、
使用注意点をご紹介。正しく使って気持ちのいいわんわんカート&猫専用カートお散歩を楽しみ下さい!

旅行・遠出の時は

旅行・遠出の時は

いつもよりも遠出したり、旅行したりする時も、ペットと一緒に行きたい!という方も多いと思います。
でも、普段よりも歩く距離が長く、運動量が多いから、ペットも飼い主さんも疲れてしまいがち。
わんわんカート&猫専用カートはそんな時のペットの休憩場所として最適です!さらに飼い主さんもカートを押すだけですむのでとってもらくちん!
もちろん、万が一ペットがカートから飛び出したりしないように、「飛び出し防止リード」やメッシュバッグをご利用ください。

ページトップへもどる

雨の日は

雨の日は

たとえカバーを閉じていたとしても、わんわんカート&猫専用カートは布製なのでカートが水で濡れてしまいます。
雨の日のお出かけは、「わんわんカート レインカバー」を使用しましょう。
猫専用カート オープンキャビン以外のカートなら、すべてのわんわんカートにご使用いただけます。

ページトップへもどる

荷物が沢山ある時は

荷物が沢山ある時は

大容量収納だからといって、重いものを沢山乗せてはとっても危険です。
重さで傾き転倒したり、フレームが曲がる・布が破れるなどカートが損傷する場合もあります。
荷物をお乗せの際は、各カート商品の耐荷重をよく確認して、正しく安全にお使い下さい。
またハンドル部にも荷物をかけないでください。

ページトップへもどる

駐輪する時は

駐輪する時は

カートを駐車する時は、必ず後輪ロックをかけてキャスターを止めましょう。
坂道などで、勝手に降りて行ってしまうのを防ぎます。
また、ちょっと目を離した隙に盗難にあった!
なんてことがないように、カートから離れる際はチェーンなどで固定するなどの防犯対策も行いましょう。

ページトップへもどる

  • 公園にお散歩の時は

    今は流行のドッグランや、一部グラウンド・公園では、カートでの入場が禁止されていることも…
    施設の注意書きをしっかり確認してから、入場してください。
    また、盗難に合わないように、チェーンなどをつけて気をつけて下さいね。

  • 店内・交通機関では

    お買い物時の店内や、電車などの公共機関。
    どこも人がたくさんいますよね。
    不特定多数の人たちと接する場所では、必ずカバーを閉じましょう。
    ペットが苦手な人や、臭いが気になる人も多いです。
    マナーを守って、気持ちよくお出かけしましょう。

ページトップへもどる

こんな時どうするの?

カートの選び方

  • 中型犬にも 多頭用DXα
  • 片手で折りたためる スマートハンディ
  • ペットカート史上最軽量!超軽、約3.6kg スーパーライト
  • 軽量、約4.8kg ライトα
  • バスケットはキャリーにも! オープンキャビン
  • ギャラリーわんわんカート&猫専用カートの使用シーンをご紹介!
  • お散歩スナップペットのスナップを大募集!
    プレゼントもあります♪