TOP > メダカの飼い方 > 冬のメダカの楽しみ方

メダカの飼い方冬のメダカの楽しみ方

メダカは、冬が近づくにつれ活動と食欲が減退していき、水温が5度を下回ると冬眠に入ります。
冬眠すると春がくるまで水底でじっとしていますので、冬の間はメダカを見て楽しむ…ということができなくなってしまいます。
しかし環境を整えてあげることで、冬でも元気なメダカの姿を楽しむ事ができます。

冬のメダカ、本来の過ごし方

冬眠はいわゆる仮死状態なので、水底でじっと動かず、春になるのを待ちます。
春が来て水温も暖かくなってくると、冬眠から覚めてまた元気な姿を見れるようになります。

越冬させずに、冬もメダカを楽しもう

冬眠させずにメダカを楽しむ方法は、メダカに「まだ春~夏だ」と錯覚させることです。
水温と日照時間を一定に保つことで、メダカは冬眠せずに冬も元気に活動し、繁殖も楽しめます。
しかし、本来は冬眠している季節に無理矢理活動させているわけですから、通常の冬眠したメダカよりも寿命が短くなると言われています。
冬に冬眠させる、させないかはよく考えてから決めましょう。

越冬させずに、冬もメダカを楽しもう

用意するもの

冬の飼育環境の作り方

水温

水温は20~25度(春~夏の水温)に保つようにします。
水温の調整にはヒーターを使用しましょう。

日照時間

昼の間は自然光で問題ありませんが、冬は日が暮れるのが早いので、日が暮れたら照明をあてるようにしましょう。
日中と合わせて14 時間が理想です。