TOP > メダカの飼い方 > メダカの病気症状別トラブルシューティング > 尾ぐされ病(カラムナリス感染症)

メダカの飼い方メダカの病気症状別
トラブルシューティング

尾ぐされ病(カラムナリス感染症)

原因

  • カラムナリスという細菌に感染すると発病します。
    水質が悪化していると菌が繁殖しやすくなります。

  • おぐされ病

症状

初期症状のうちは尾やヒレの先端部分が白く濁り、やがてヒレ全体が腐ったように白くふやけてボロボロになり、次第に体も変色していきます。口の先端やエラなど、その他の部位にも転移する可能性があり、エラに感染すると呼吸困難を起こして死んでしまいます。伝染病なので、できるだけ早く発見し、治療することが必要です。

対策

別容器で治療薬(ニューグリーンF やグリーンF リキッド)で薬浴をします。病気が発生した水は全て捨て、水槽内も掃除してください。 薬浴している間はエアレーションを行いなるべく絶食させてください。