TOP > メダカの飼い方 > メダカの病気症状別トラブルシューティング > 白点病

メダカの飼い方メダカの病気症状別
トラブルシューティング

白点病

原因

  • 白点虫が寄生することで発病します。
    水温が下がり、魚が衰弱した時にかかりやすい病気です。

  • 白点病

症状

初期症状ではメダカがかゆがって体をこすりつけます。ヒレや体に白い斑点ができ、放っておくとあっというまに白点が体中に転移し、ひどくなると全身が粉をまぶしたようになって死んでしまいます。やがてはエラ病を併発することもあります。
メダカの病気ではメジャーな存在でしかも恐ろしい病気です。

対策

多めの換水をし、1~2週間、治療薬(メチレンブルーやグリーンF リキッド)で薬浴をします。
病気が発生した水は全て捨て、水槽内も掃除し、28~30℃くらいに加温しエアレーションを行うと治癒率が高まります。薬浴している間はなるべく絶食させてください。