観賞魚サイトHOME > WEBマガジン ジェクシースタイル > ジェクシースタイル VOL.23 ライトの使用方法に注意しよう!

お魚飼育コラム ジェクシースタイル

ジェクシースタイルvol.23 ライトの使用方法に注意しよう! ライトは観賞魚を美しく見せたり、水草を成長させるのに無くてはならない器具になります。ここではライトを使用する時の注意点をご紹介させて頂きます。

第1章 ライトを使用する時は必ず水槽にフタをしよう!

光を水槽内に照らす場合、水槽にフタをするときれいに見えない!といった声もありますが、フタをすることによってライトにかかる水飛沫を抑えたり、ライトの水没事故を防いでくれます。
もちろん、魚の飛び出し防止にも繋がります。ライトに水が掛ることによって故障や感電、漏電の原因にもなります。
海水水槽は特にこまめに点検し、塩水や汚れをこまめに拭き取ってください。

故障や感電、漏電の原因になるので、必ずガラスフタあるいはプラフタを設置するようにして下さい。

ガラスフタ・プラフタ この上にライトを設置して下さい。 上部フィルター


※弊社のライトは防滴構造ではありません


事例

事例

フタを使用しなかったため、水の飛沫がカバーに多数飛散し、全体的に曇った状態になっています。

第2章  濡れた手でスイッチを触らないようにしよう!

水槽掃除等をすると手がどうしても濡れてしまいます。その濡れた手でライトのスイッチを点けたり消したりすると、手に付着した水滴がスイッチ内部に侵入し故障の原因になります。

濡れた手ではスイッチを触らないで下さい

濡れた手ではスイッチを触らないで下さい

事例

スイッチ部

事例 スイッチ部

濡れた手でスイッチ部を触ることで
水垢が付着しています。

スイッチ部 LED側

事例 スイッチ部 LED側

スイッチ内部まで水が侵入しています

第3章 ライトの放熱を防げないようにしよう!

ライトの上部は放熱の為に熱くなります。
布等を被せたりすると放熱を防げ、本体の変形、破損、発火の原因になります。

布等でライトの放熱を妨げないようにしよう!

水槽製品を正しく、安全に使用いただくために