観賞魚サイトHOME > WEBマガジン ジェクシースタイル > ジェクシースタイル VOL.21 ガラス水槽の掃除方法に注意しよう!

お魚飼育コラム ジェクシースタイル

ジェクシースタイルvol.21 ガラス水槽の掃除方法に注意しよう! 水漏れ、割れの原因になる洗い方をしていませんか?

お魚と長く付き合うために水槽のお掃除は絶対に必要になります。
でも、お掃除後、水槽から水漏れが起きたり、割れたりすると大変ですよね。ここでは、お掃除後の水漏れや割れを防ぐ為の水槽掃除の注意点についてご紹介します。

製品を正しく、安全に使用いただくためのポイント

水槽掃除時の注意点

※水換え時は感電をしないように、
 必ず水槽で使用している電気製品
 全ての差込プラグを抜いてください。

水換え時は感電をしないように、必ず水槽で使用している電気製品全ての差込プラグを抜いてください。

水換え作業を始めるときセットしているライトやフィルターなどを取り外す際は水槽にぶつけないように注意してください。
水槽にキズが付き割れる恐れがあります。

水換え作業を始めるときセットしているライトやフィルターなどを取り外す際は水槽にぶつけないように注意してください。水槽にキズが付き割れる恐れがあります。

※水槽を水や砂利を入れたまま
 移動させないで下さい。
 水槽が割れる恐れがあります。

水槽を水や砂利を入れたまま移動させないで下さい。水槽が割れる恐れがあります。

水槽の内部の水を流すときの注意点

少しだけ残った内部の水を排水するときに、水槽を傾けて排水することが多いですがその際に、床に異物などがあると、水槽の外ガラス、水槽底面、角に傷が付く恐れがあります。注意して排水するようにしましょう。

水槽の内部の水を流すときの注意点

▲ページトップへ戻る

コケ掃除時の注意点

ガラス面に付着したコケ類をスポンジ等で擦るときの注意点

①金属たわしや研磨剤のついたスポンジなどは絶対に使用しないでください。

②スポンジや布の間に、砂利や異物を挟み込まないようにしてください。特に細かい砂にご注意下さい。

スポンジや布の間に、砂利や異物を挟み込まないようにしてください。特に細かい砂にご注意下さい。

③マグネットクリーナーとガラスとの間に、砂利や異物を挟み込まないでください。特に細かい砂や、マグネットが引き寄せた鉄片などにご注意下さい。

マグネットクリーナーとガラスとの間に、砂利や異物を挟み込まないでください。特に細かい砂や、マグネットが引き寄せた鉄片などにご注意下さい。

知らずに洗ってしまうと、
シリコンやガラス面に傷が付き、水漏れや割れの原因になります。

▲ページトップへ戻る

砂利掃除時の注意点

砂利を洗うときの注意点

砂利は必ず水槽の外に取り出してから洗ってください。

水槽内で砂利を絶対に洗わないでください。

水槽内で砂利を絶対に洗わないでください。

知らずに洗ってしまうと、
シリコンやガラス面に傷が付き、水漏れや割れの原因になります。

掃除後に起きる水槽の割れは、
掃除中の傷が原因で発生していることが多いです。

ヒビや割れは見当たらないのにじわっと水が漏れてきたときは 伝い漏れについて知ろう

▲ページトップへ戻る

事例

事例:ラピレスRV60の割れの原因を観察すると

【注意】
特に曲げガラス水槽は前面コーナー部の内側にキズが付くと割れやすくなります!
水槽に傷をつけないように注意しましょう!

掃除用具についてはこちらへ  水槽製品を正しく、安全に使用いただくために